Welcome to

舞子六神社 公式サイト

Home / 御祭神 年中行事 歴史 

御祭神 年中行事 歴史 

御祭神

伊邪那岐大神 伊邪那美大神 天照皇大神 素盞男大神 月夜見大神 蛭子大神

境内社

戎宮(蛭子大社)
大黒宮(大国主命)
大歳社(豊宇気比賣命)
白髭社(貴船大社)
稲荷五社(稲荷大神)
菅原社(菅原大社)
稲荷お松社(倉稲魂大社)

年中行事

1月1日      歳旦祭
1月9,10,11日  十日戎
2月3日      節分祭 とんど祭
6月30日     夏越の大祓式
7月       夏祭り(小学校が夏休みに入った1週目の土日)
10月       秋祭り(体育の日の3連休の土日)
11月中      七五三参り
12月30日     年越しの大祓式
12月31日     除夜祭 

歴史

創建は、御輿渡御に供奉する金幣の刻銘により、元禄二年(1689年)まで遡ることができるが、神社に関する古記録が失われているので、それ以前については不詳である。

江戸時代前期中葉に、播州明石郡山田村の総鎮守として六社大明神の社を建て、六柱の神を祀ったのが創始であると思われる。

村人の崇敬の厚かったこの六神社は、明治初期の神仏分離令により明神号廃止され、六社神社と名所が変わり、明治7年2月に列し、六神社(舞子六神社)と改称し、現在に至っている。

六神社(瓦屋根)-1

元禄2年9月9日
六社大明神へ金幣3本が奉納される。

元禄3年9月9日
山田村講中より六社大明神へ金幣3本が奉納される。

寛政7年9月
狛犬一対が奉納される。

享和1年11月
山田屋与兵衛が大坂永代燈一対を奉納する。

天保3年5月
山屋七五郎が御神燈一対を奉納する。

天保6年9月
氏子中が常夜燈一対を奉納する。

文久2年
明石城主・松平慶憲が摂海防備のため、山田村神社前に台場を築く。

慶応4年3月
神仏分離令により明神号が廃止され六社神社と名称が変更される。

明治7年2月
六神社と改称する。

明治10年
落雷による火災で社殿消失

明治12年
神輿再建

明治13年
山田村大歳山に鎮座する大歳神社を六神社境内に遷す。

明治23年7月31日
社殿を再建する。

明治26年3月25日
境内に須賀腹大明神(菅原道真公)を創祀する。

明治21年
有栖川宮熾仁親王、威仁親王父子が舞子・柏山に明治21年の夏、妃殿下とご一緒に避暑に来られ、柏山へお登りになられた時、丘陵を登りつめ、ふりかえってご覧になった海の景色に「これこそ天下の絶景だ」と感嘆され、たいへん気に入られました。そして明治26年には柏山にご別邸(現在は舞子ビラ神戸)の建造を始められ、造成中には熾仁親王も自ら工事現場にお越しになられた。

明治27年
有栖川宮熾仁親王、威仁親王父子が別邸を造営され、別邸が六神社の氏子区内であることにより、屡々御附武官の代参があり、御下賜金を賜わる。

明治41年5月9日
山田村字川西鎮座の素盞男神社を合祀する。

明治43年
素盞男神社の石鳥居を、大歳社の前へ移す。

明治44年頃
境内南側の石垣を造る。

大正初期
神具庫を新築する。
手水盥が明石の商店より奉納される。
山田村山田橋のたもとに鎮座していたお松大明神を境内に遷す。

大正7年4月25日
山田村字舞子鎮座の稲荷神社(五社大明神)を境内に遷す。

大正7年9月27日
兵庫県知事より、神饌幣帛料を供進することの指定を受ける。

大正9年9月
神輿大修覆、家根を新調する。(大阪安土町 鈴木源右衛門製作)

昭和4年
常夜燈1基を舞子海産製造組合が奉納する。

昭和4年10月
御大典記念に石玉垣を造る。

昭和9年9月
山田村字川東2149番地に鎮座していた戎神社が台風で被害を受け、境内に遷す。

昭和34年10月
猿田彦装束一式が奉納される。(奉納者 宮本のぶゑ)

昭和38年
お松大明神を改修する。

昭和39年
本殿、弊殿、拝殿の屋根を瓦葺から銅板葺に改修する。
六神社(銅版屋根葺き替え完了)

昭和40年
境内社
大歳社、稲荷五社、白髭社、須賀原社、戎社、大黒社、納札所を創建する。

昭和40年10月
戎像、大黒像、木鳥居が奉納される。
六神社戎、大黒殿建設
昭和40年10月8日
四神旗、日月旗、社名旗、楽太鼓、六角猫足型、釣灯篭、雪洞、真榊、狛犬、御翠簾が奉納される。
六神社太鼓山本重男奉納
昭和41年
社務所を新築する。
六神社社務所正面
昭和42年
稲垣正雄氏宮司就任

昭和43年
明治百年記念として氏子中が大鳥居、掲楊柱を奉納する。

昭和55年
神具庫を新築する。
六神社神輿蔵完成
昭和55年10月8日
神輿一基、子供神輿二基を新調する。

昭和63年12月
大鳥居下の石畳を奉納する。奉納者 石井造園 石井 正

平成1年2月
社務所屋根を葺き替える。

平成1年5月
弊殿の床、拝殿の一部を修復。 奉納者 神盟株式会社 北川巳代治

平成1年6月
狛犬が奉納される。 奉納者 石井造園 石井 正

平成2年10月
平成御大典記念として氏子有氏が境内整備と玉垣の改築をする。

平成2年10月
戎社、大黒社前に石鳥居が奉納される。 奉納者 舞子漁友会、舞子農業会 

平成19年10月
阪神淡路大震災で被害を受けた本殿の改修工事

平成21年2月28日
稲垣正雄宮司 御勇退

平成21年2月28日
的場崇宮司 就任

平成21年12月

大歳社、稲荷五社、白髭社、須賀原社、戎社、大黒社、お松大明神の扉を改修

平成24年7月
舞子六神社青年会決起会

平成25年3月17日
お松大明神の鳥居を奉納される。 奉納者 舞子六神社氏子総代一同 舞子六神社青年会一同
Exif_JPEG_PICTURE
平成26年
本殿御屋根葺替事業が始まる。

平成27年2月3日
仮遷座祭
0196
平成27年2月6日
本殿御屋根葺替工事開始
Exif_JPEG_PICTURE
平成27年7月18日
遷座祭
0426
平成27年7月25日
本殿御屋根葺替事業奉祝祭
0523

To get the latest update of me and my works

>> <<