Welcome to

舞子六神社 公式サイト

Home / 地鎮祭

地鎮祭

古代の人々は、雨や風・雷といった自然現象を畏怖し、神々を感じ、ひたすら加護を求めました。そして、神々が領有される土地に手を加える際は、神様に許しを頂きました。
建物を建てることの許しを神様に頂き、工事の安全をお祈りします。
 
 
地鎮祭式次第

修祓(しゅばつ)
祭場や参列者のお祓いを行います。

降神の儀(こうしんのぎ)
神様をお迎えする行事です

献饌の儀(けんせんのぎ)
神様にお供え物をします。

祝詞奏上(のりとそうじょう)
土地や建築の守り神様に神職がお祈りします。

清祓の儀(きよはらへのぎ)
敷地の四方と中央をお祓いします。

地鎮の儀(じちんのぎ)
(1)穿初
(2)鎮物埋納
(3)鍬入

玉串を奉り拝礼(たまぐしをたてまつりはいれい)
玉串を奉り、二礼二拍手一礼の作法にてお祈りします。

撤饌の儀(てっせんのぎ)
お供えをお下げします。

昇神の儀(しょうしんのぎ)
神様に高天原お帰り願います。

神酒拝戴(しんしゅはいたい)
工事の無事を願って乾杯します。

Exif_JPEG_PICTURE

To get the latest update of me and my works

>> <<